U.C.0079:1/10 「ブリティッシュ作戦」の結末と影響

U.C.0079年1月9日、遂に地球落着の阻止臨界点を突破し、大気圏突入したコロニー「アイランド・イフィッシュ」の行方、「ブリティッシュ作戦」の結末についてです

画像


※2016/1/10分を加筆・修正の上、再掲載


「アイランド・イフィッシュ」の崩壊

「アイランド・イフィッシュ」が阻止臨界点を突破したことにより、遅まきながら地球連邦軍はジャブロー本部の撤退も視野に入れ始めます

一方、「アイランド・イフィッシュ」はアフリカ大陸上空から大気圏突入後、

画像


アラビア半島上空付近で崩壊し、当初の予定コースだった南米ジャブローへの軌道から外れてしまいました

画像



豪州シドニーの壊滅、地球各地への被害発生

崩壊したコロニー各部のうち前部がオーストラリア大陸の東岸に落着、その結果、大陸南東部の都市シドニーが壊滅しました

画像


画像


また他のコロニー崩壊部分のうち特に大型の残部が北米大陸や太平洋上、バイカル湖付近に、それ以外の各断片も地球各地に降りそそぎ、各地に被害を巻き起こしました

画像


また、コロニー落下の衝撃により発生した一時災害とともに、津波や大規模な気象変動などによる二次災害によっては、地球全土におびただしい影響を与えることとなりました

なお、前述のオーストラリアでは、コロニー落下により直径500km近いクレーターが形成され、大陸の16%を消失・水没、落下付近はシドニー湾と呼ばれることとなります

画像


画像



「ブリティッシュ作戦」の影響

「ブリティッシュ作戦」自体はジャブロー攻撃という当初の目的を達せることができなかったものの、コロニー確保のための毒ガス使用やコロニー落下という戦法そのものは、人類自体を滅亡させかねない甚大な被害・影響およぼすものとして、この後の南極条約によって禁止されることとなります

なお、1月3日の開戦からコロニーの落下した1月10日までのこの一連の戦いは「一週間戦争」と呼ばれ、この期間で総人口の25%に相当する約30億人が死亡したとも言われています



機動戦士ガンダム 一週間戦争従軍章脱着式ワッペン
コスパ
2012-11-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダム 一週間戦争従軍章脱着式ワッペン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック