テーマ:機動戦士ガンダム

内容はわりと的確?「ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!」

というわけで、もはやスタッフと福井晴敏の悪ふざけ・・・ ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀! 最近あいかわらず本ブログに手を付けてなかったわけですが、BandaiChannnelより、昨日からこんな動画が公開されてます 結構ノリノリ!ゾルタン、なにやっての!? しかも構成・脚本は福井晴敏だし・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく「機動戦士ガンダムNT」を鑑賞

本ブログは絶賛放置中ですが、ようやくながら、劇場にて「機動戦士ガンダムNT」を観てきました 個人的に、今回は「観念」のお話と捉えた 本編の内容にはあまり触れない程度で個人的な感想を述べるなら、ストーリーの内容としては非常に面白かったと感じています 本作は、「機動戦士ガンダムUC」からの派生というより、どちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忙し過ぎて結局・・・

というわけで、昨年も結局このブログがまとまらなかったっす・・・ 毎年何故か10月以降は忙しい ここ数年は、何故か10月以降はホント忙しい・・・ そんなわけで、昨年もこのブログを書き終えることができませんでした 未完成のまま3年目に突入・・・ 昨年はこれまでのものを焼き直してupしてたけど、今後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はドムの日

またもやブログをサボり気味ですが・・・今日10月6日はドムの日だそうで・・・ 「ドム」に絡んで、最近印象的だったニュース そうそう、われわれの世代には懐かしい、ドムドムバーガーが事業売却後、再スタートとなったそうで・・・ ねとらぼ:ドムドムハンバーガー、事業売却後の新しいロゴ発表 おなじみ象さんマークはその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:9月 フラナガン機関のクルスト・モーゼス博士の亡命、ミネバ・ラオ・ザビの誕生

U.C.0079年9月にはジオン公国軍において「リック・ドム」の量産体制が整ったほか、「アッガイ軽武装偵察型」が実戦配備された一方、フラナガン機関の所属の開発者、クルスト・モーゼス博士が地球連邦政府へ亡命しました ※2016/9/30分を加筆・修正の上、再掲載 ジオン公国軍のモビルスーツ生産・配備状況 ジオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:9/23 「ホワイトベース」・「ガンダム」大気圏再突入、北米大陸へ降下

U.C.0079年9月23日には、地球連邦軍の「ホワイトベース」と「ガンダム」がジオン公国軍シャア少佐の追撃を受けつつ、南米ジャブローを目指し大気圏再突入するも、予定のルートを外れ北米大陸へ降下、そこでジオンの地球方面軍司令官ガルマ・ザビ大佐の迎撃を受けました ※2016/9/23分を加筆・修正の上、再掲載 大気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:9/20~22 「ホワイトベース」ルナツー入港とシャアのルナツー襲撃

U.C.0079年9月20日にルナツーへ入港した地球連邦軍の「ホワイトベース」ですが、サイド7より執拗に付け狙っていたジオン公国軍シャア少佐により、22日には連邦軍宇宙要塞「ルナツー」が襲撃されました ※2016/9/22分を加筆・修正の上、再掲載 地球連邦軍宇宙要塞「ルナツー」 「ルナツー」は、スペースコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:9/20 「ホワイトベース」、補給中のムサイ級軽巡洋艦「ファルメル」を襲撃

U.C.0079年9月20日には、地球連邦軍の「ホワイトベース」が、ルナツー近辺でジオン公国軍シャア少佐率いるムサイ級軽巡洋艦「ファルメル」の補給中の隙を突いて襲撃をかけました ※2016/9/20分を加筆・修正の上、再掲載 補給中の「ファルメル」に対し「ホワイトベース」による奇襲 サイド7から、シャアのフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:9/18 「ホワイトベース」サイド7入港、史上初のモビルスーツ同士の戦闘

U.C.0079年9月18日には、地球連邦軍の強襲揚陸艦ペガサス級2番艦「ホワイトベース」がサイド7入港したとともに、連邦軍の「ガンダム」とジオン公国軍の「ザクII」による、史上初のモビルスーツ同士の戦闘が行われました ※2016/9/18分を加筆・修正の上、再掲載 ホワイトベースのジャブロー出航 9月15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はグフの日

最近、またサボり気味のこのブログ・・・ふと、今日9月2日はグフの日と気付いたので、日付が変わらないうちに、たまには何か書いておきます ガンダム占い 以前、だいぶ前(確か2000年代初めだから、もう15年以上前)に、「ガンダム占い」という本がありました 誕生日と血液型で、ガンダムのどのモビルスーツ(タイプ)か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:8月 地球連邦軍、北米オーガスタにて「ガンダムNT-1」の開発を開始

U.C.0079:8月には地球連邦軍が「ガンダムNT-1」の開発に着手したと言われています ※2016/8/31分を加筆・修正の上、再掲載 「V作戦」・「RX計画」による開発モビルスーツの発展機 連邦軍は、先の7月にようやくモビルスーツの完成にこぎつけたばかりでしたが、早速にも、そのうちのガンダムの機体のレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて10:ジオン公国軍の陸戦用モビルスーツの開発と発展(その2)

前回に引き続き、陸戦用としてジオン公国軍「ザクII」の後継機である「グフ」に関して触れていきたいと思います ※2016/8/20分を加筆・修正の上、再掲載 「グフ」のバリエーション 格闘戦に重点が置かれていたグフですが、両腕ともにマシンガン装備のMS-07C-1(後期改修型)の後継として火力に重点の置かれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて9:ジオン公国軍の陸戦用モビルスーツの開発と発展(その1)

今回は、ジオン公国軍「ザクII」から更に発展した陸戦用モビルスーツに関して触れてみます ※2016/8/13分を加筆・修正の上、再掲載 純陸戦用モビルスーツ「グフ」の開発 ジオン公国軍は地球侵攻用の主力機として「ザクII」の陸戦仕様であるMS-06J(J型)のほか、各方面に合わせ局地戦用機体を投入していまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて8:ザクIIの派生型機体

既に初期のC型・F型や、J型以降の陸戦用機を紹介してきたジオン公国軍の「ザクII」ですが、今回はこれまで挙げてきた以外の機体に関していくつか触れてみたいと思います ※2016/7/24分を加筆・修正の上、再掲載 ザクIIの派生機 ザクIIは宇宙用に様々な用途に合わせた、マイナーチェンジ的な改装が施されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:7月 地球連邦軍開発の試作モビルスーツの完成

U.C.0079年7月には、地球連邦軍開発の試作モビルスーツである「ガンダム」がロールアウトしました ※2016/7/31分を加筆・修正の上、再掲載 「V作戦」によって開発されたモビルスーツ 4月に発動された連邦軍の「V作戦」ですが、約3ヵ月を経て、支援用モビルスーツの「ガンキャノン」と 白兵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:7/7 地球連邦軍のペガサス級強襲揚陸艦2番艦「ホワイトベース」進宙

U.C.0079年7月7日には、地球連邦軍の強襲揚陸艦であるペガサス級2番艦「ホワイトベース」が進宙したと言われています ※2016/7/7分を加筆・修正の上、再掲載 一年戦争以前からの開発計画艦 このペガサス級の開発は、一年戦争以前により連邦軍初の宇宙空母(SCV)開発計画である「SCV-X計画」に遡り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:6月 ジオン公国軍、サイコミュ技術を開発するフラナガン機関を設立

U.C.0079年6月には、ジオン公国軍において、ニュータイプの軍事利用を研究目的としたフラナガン機関が設立されました ※2016/6/30分を加筆・修正の上、再掲載 フラナガン博士 フラナガン機関はサイコミュ技術開発を目的とする研究機関であり、キシリア・ザビ少将が直轄していました 組織・研究責任者は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:6/30 ジオン公国軍、宇宙要塞ア・バオア・クー機能開始

U.C.0079年6月30日には、ジオン公国軍の宇宙要塞ア・バオア・クーが本格的に機能開始しました ※2016/6/30分を加筆・修正の上、再掲載 ジオン本国の絶対防衛ラインの一拠点 ア・バオア・クーは元々、ルナツーやソロモンと同様に資源採掘用にアステロイド・ベルトから運ばれ、L2に配置された小惑星であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて7:陸戦型ザクIIのバリエーション(その2)

今回は、ジオン公国軍モビルスーツ「陸戦型ザクII」から発展した局地戦用機体に関して触れてみます ※2016/3/20分を加筆・修正の上、再掲載 局地戦型MSの開発へ ザクIIの陸戦型機体はキャリフォルニアベース接収以降も実戦データを基に開発は続けられ、特に要請が強かったアフリカ戦線向けに局地戦用の機体も開発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて6:陸戦型ザクIIのバリエーション(その1)

今回は、ジオン公国軍モビルスーツ「ザクII」のうち、陸戦用として地上で運用されたJ型からの派生機体に関して触れてみたいと思います ※2016/3/19分を加筆・修正の上、再掲載 陸戦型ザクIIの主な特徴とその派生機 陸戦型ザクIIのJ型は地球侵攻作戦に向けて開発されましたが、第1次降下作戦に参加した機体はほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:5月 ジオン公国軍、局地戦用および水陸両用モビルスーツの配備を開始

U.C.0079年5月には、ジオン公国軍が、戦局を打開すべく本格的に各地へ局地戦用および水陸両用MSの配備を始めました ※2016/5/31分を加筆・修正の上、再掲載 連邦・ジオン、一進一退の状況 開戦から3ヵ月で地上の約半数を制圧したジオン公国軍でしたが、その後は一進一退が続いていたと言われています …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:5/17 ジオン公国軍、宇宙要塞ソロモン機能開始

U.C.0079年5月17日には、ジオン公国軍の宇宙要塞ソロモンが本格的な機能の開始しました ※2016/5/17分を加筆・修正の上、再掲載 ジオン公国を守る重要拠点 ソロモンはL5付近、旧サイド1宙域に位置し、当初は資源採掘用に小惑星帯から運ばれてきたものを軍事用に改装、宇宙要塞としました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて5:ザクIIのカスタムバリエーション(その2)

前回に引き続き、ジオン公国軍モビルスーツ「ザクII」のパーソナルカスタム機について触れてみます ※2016/1/19分を加筆・修正の上、再掲載 ザビ家およびその側近のパーソナルカスタム機 ザビ家の三男であり、ルウム戦役で指揮を執ったドズル・ザビも専用機を持ち合わせていました MS-06F ザクII ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて4:ザクIIのカスタムバリエーション(その1)

一年戦争中、最も多く生産されたジオン公国軍モビルスーツ「ザクII」のバリエーションのうち、まずはパーソナルカスタム機について触れてみます ※2016/1/19分を加筆・修正の上、再掲載 ザクIIのパーソナルカスタム機 「MS-06 ザクII」のパーソナルカスタム機で最も有名なのは、シャア・アズナブル搭乗機と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙世紀時代の人物2:トレノフ・Y・ミノフスキー

モビルスーツ、ミノフスキー粒子など、宇宙世紀の戦争に大きな影響を与えたトレノフ・Y・ミノフスキーについて触れてみたいと思います ミノフスキー物理学の権威 トレノフ・Y・ミノフスキーの出自に関しては、実のところ詳細は明らかではありません コロニー出身、そのうちサイド3生まれともサイド4からの移住者とも、あるい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙世紀時代の人物1:ジオン・ズム・ダイクン

今回は、宇宙世紀に多大な影響を残した、ジオン・ズム・ダイクンについて触れてみたいと思います ※2016/4/17分を加筆・修正の上、再掲載 ジオン・ズム・ダイクンについて 「スペースノイドからこそ新人類”ニュータイプ”が生れる」と説き、「人類の革新」を唱えたジオン・ズム・ダイクンですが、彼自身の生まれはコロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U.C.0079:4月 ジオン公国軍、高機動型ザクⅡプロトタイプ他のMS・MAの開発・生産を開始

U.C.0079年4月には、ジオン公国軍にて、MS-06RP「高機動型ザクⅡプロトタイプ」ロールアウトしたほか、MA-05「ビグロ」の生産の開始や水中用モビルスーツを開発するなど、開戦後も新たな兵器が開発・投入されていきました ※2016/4/30分を加筆・修正の上、再掲載 高機動型ザクⅡの開発 4月に公国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて3:ザクIのカスタムバリエーション

最初期のジオン公国軍モビルスーツ「ザクI」のバリエーションについて触れてみたいと思います ※2016/1/19分を加筆・修正の上、再掲載 ザクIのパーソナルカスタム機 「MS-05B ザクI」の主なカスタム機に関しては、いずれも開戦当初に使用された、「青い巨星」ランバ・ラル大尉、「黒い三連星」ガイア大尉・マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて2:ザクIIの登場

開戦当初から終盤に至るまで実践投入され、ジオン公国軍を代表するモビルスーツといえる、「MS-06 ザクII」についてです ※2016/1/18分を加筆・修正の上、再掲載 ザクIIの登場とその活躍 「MS-05B ザクI」を基にして開発・性能向上が図られた「MS-06 ザクII」は、ザクIとともに一年戦争の序…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSについて1:モビルスーツの開発

一年戦争より導入され、その後の宇宙世紀における中心的な兵器となったモビルスーツ(MS)に関して、その経緯を追っていきたいと思います ※2016/1/12分を加筆・修正の上、再掲載 モビルスーツの開発 ジオン公国では、質・量ともに強大な地球連邦軍との来るべき全面戦争を想定し、戦闘的において優位に立つため、新た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more